2010年10月24日

iphoneアプリ「evernote」

■Evernote


言わずもがなになってますが、
「evernote」のアプリ版です。

evernoteは私の生活の中では、
もはや切っても切れない関係になってしまっています。

いつでもどこでもどんなデバイスでも
evernoteが見れるようにしています。

title_orange4.gif紹介したアプリ
■Evernote

>>アプリの詳細を見る
posted by Lifehacker K at 07:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | ライフハックなWebサービス はてなブックマーク - iphoneアプリ「evernote」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月23日

SteveJobs氏も使っている目標管理アプリ「Countdown Calendar」

■Countdown Calendar


なんとSteveJobsも使っているというアプリ「Countdown Calendar

■できること
(1)項目ごとの達成したい日からの「カウントダウン
(2)継続的に続けることの「カウントアップ

夏休みの宿題のように、あと何日と迫っていかないとなかなか
作業開始できないことってありますよね?
「カウントダウン」ではそれを逆に利用できます。

また、継続していることなら、どれくらい続けたかが
モチベーションになったりすることがあると思います。
「あー、いつの間にか、もう25日こんなに続けたんだぁ」って。

「カウントアップ」では、それを実現補助してくれます。
#ちなみに、カウントアップは設定した日から日数をカウントする
 だけの機能です。

目標を立てて、実現するためにはこのようなツールは必須だと思います。

このアプリはすごくわかりやすく、UIもオシャレので、
使っていて気持ちがいいです。
気になる方は使ってみてはいかがでしょうか。

title_orange4.gif記事で紹介したiPhoneアプリ
Countdown Calendar



posted by Lifehacker K at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハックなWebサービス はてなブックマーク - SteveJobs氏も使っている目標管理アプリ「Countdown Calendar」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事でモチベーションを高く持ち続ける方法

会社の「やってほしいこと」と自分の「やりたいこと」は必ずしも一致しない。

そういうときはどうするか。

そのままその仕事の依頼を受け取らず、
仕事の目的を考える。
その仕事の意義を考える。

そして、その「仕事の意義」を「咀嚼」し、
自分にとっての意義」に「変換」する。

そういったプロセスがモチベーションを高くし、
「想い」を持って仕事をし続けるためには
必要だと個人的には思います。
2010年10月22日

プレゼンのときは、相手が知っていることを混ぜる

プレゼンをするときは、聞き手の知っていることも
きちんと盛り込んでプレゼンをするほうがよいらしい。

そのときの割合は、

■話す内容の割合
(1)聴衆がすでに知っていること:50%
(2)言われれば「聞いたことがあるな」思い出すこと:30%
(3)初めて聞く話:20%

だそうです。

詳細は以下を参照↓
プレゼンのための5:3:2の法則 – ライフハック心理学

拙著によく「人はなじみ深くて新しいものを欲しがっている」ということを書きますが、結局それは、既知8割、未知2割ということなのです。これでも未知が多すぎるくらいで、未知1割くらいがベターかもしれません。

なるほど。「人はなじみ深くて新しいものを欲しがっている」はよく理解できます。

さらに、知っていることから少しずつはじめていくと、
聴き手も「うん、うん」から入って行けるので、
その後の新しい情報も「うん、うん」と聴いてもらえる確率も上がる。

そういう観点でも、「知っている情報を混ぜながら話す」ということは
重要なのかもしれません。

ついついみんなが知らないことを話そうとしがちですが、
この点はこれから気をつけていきたいと思いました。
posted by Lifehacker K at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 はてなブックマーク - プレゼンのときは、相手が知っていることを混ぜる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月17日

「見込み6割」で行動すること

「意思決定」というのはなかなか難しい。

というのも自分が納得するレベルまで到達するのに
たくさんの情報が必要で、それをきちんと整理することが必要だから。

で、そこまでしても、なかなか自分が納得できるレベルまで
到達できず、先延ばしについついしてしまう。

どうしたらよいのか?

それは、「意思決定に100%はない」と知ることである。

そして、「自信が60%近くになったら行動する」ということだ。
つまり、見込み6割で行動する」ということ。

さらに言うと、100%でないと最初から思って行動しているので、
何か起きても、「確率40%の方が来たか」と失敗を受け入れることができる。

このような心持ちで、どんどん行動して、どんどん失敗する。
そして、その失敗から「肌感覚」を身につけて、
「見込み6割」の確率を上げていく。

そういうプロセスが意思決定力を鍛えていくためには
重要なのだと思う。

誰でも失敗するのは怖いけど、
怖がったら何も成長しない。

ずっと怯えながら生きていくのか?」と自問しながら、
失敗に対して向かっていきたいものですね。

title_orange4.gifまとめ
「見込み6割」で行動しよう。

posted by Lifehacker K at 18:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 はてなブックマーク - 「見込み6割」で行動すること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年10月04日

無意識の情報を引き出す方法_「書く」ことから始める。

茂木さんの「書く」ということに関する面白いエントリー。

■茂木健一郎 クオリア日記: 連続ツイート 「書く」

簡単に言うと、「書く」ことを通じて、
無意識下」の情報が引き出される、ということだ。

個人的に、「無意識」という領域に非常に興味を抱いていたことも
あって、非常に納得した。

茂木さんのエッセイを書く時の方法が参考になったので、
自分なりにフローにしてみた。

■茂木さんのエッセイを書くときのフロー

(1)まず「内的感覚」に意識を向ける
  ※目をつぶった方がよさそう。

(2)頭の中に自然に「出てくる言葉」をつかむ。
  ※「探す」のでなく、「つかむ」。

(3)流れを邪魔しないように指を動かして、「書きだす」。

(4)書かれた言葉を見る。

(5)その中に含まれる「クオリア」を意識下で探す

(6)文章におこす。


文章を書くときにもあてはまるだろうが、
アイデアを出す時にもとてもつかる手法だと思う。

posted by Lifehacker K at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考える力 はてなブックマーク - 無意識の情報を引き出す方法_「書く」ことから始める。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュース記事のEvernoteへのクリップが爽快!iphoneアプリ「RSS Flash g」

iphoneアプリ「RSS Flash g」の紹介です。

以下のエントリーがわかりやすいので、紹介↓
■Evernoteへのクリップが驚くほど簡単になったRSS Flash g(2.8) - iPhoneとiMacと自分と…

「ニュースチェック→evernoteへ蓄積」の流れがとてもスムーズ。

Evernoteユーザとしては、非常に便利です!
他のソーシャルブックマークへもfeedできるのもいいですね。

■以下はitunesでのDL画面です。
iPhone、iPod touch 対応 RSS Flash g
posted by Lifehacker K at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフハックなWebサービス はてなブックマーク - ニュース記事のEvernoteへのクリップが爽快!iphoneアプリ「RSS Flash g」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。