2011年08月20日

「わからないなら、わからないでいい」というスタンスを持つことの大切さ


「考える力」の土台として大切な能力として、もっとも大切なのが「自分がわかっていない」という事実を認識できることである

そう語るのは、「榊原式スピード思考力」の著者で早稲田大学教授の榊原英資氏です。
知的謙虚さ」を持つことが考える土台になる。

わからないなら、わからないでいい
そういうスタンスを持つことがまず大切ということです。

そうすることで、変な見栄をはることもなく、知らないことに対して、「何それ?」とか「どういうこと?」という素朴な疑問と質問が生まれます。
そして、わかるまで聞くというスタンスが生まれます。

ハーバードビジネススクールでは、講義はほとんど対話形式だそうです。
シンプルな質問をしあうことは学生たちにとって常識です。
この質問の繰り返しによって、自分の「わからないこと」が頭の中で整理されています。
質問される側も、自分の理解が十分でないと回答できないので、質問されることによって自分の「わからない」が整理されます。
つまり、対話形式というのは非常に有効な手法と言えるでしょう。
このようなディベートや対話を大切にしている米国は、ある意味では日本よりベースの素地として前に進んでいるとも言えるかもしれません。

日本人は、「徹底的に聞く」ことは苦手と言われています。「わかっていない」と思われるのが恥ずかしいという心理から来るものだそうです。
そう考えると自分にも当てはまるなと感じます。

この「恥ずかしい」という心理を捨てて、一歩前へ踏み出す勇気を持つことが大切なんだと強く感じました。

わからないなら、わからないでいい

このスタンスを意識してこれから行動してみましょう。

title_orange4.gifまとめ
「わからないならわからないでいい」と強く思おう。


title_orange4.gifスポンサーサイト
posted by Lifehacker K at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考える力 はてなブックマーク - 「わからないなら、わからないでいい」というスタンスを持つことの大切さ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Lifehack(ライフハック)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。