2013年01月06日

自信のなさが、自分の進歩発展の大きな障害になる

「自信」についてのつぶやき。

「自信」と「成長」について

自信のなさが、自分の成長機会の逸失につながる。

人生の失敗の半分が自分が飛躍しようとするときになって弱気を出してしまい、せっかくの機会にも関わらず手綱をひいてしまうところから生まれるという。

自信を持って、少しくらい不安があることに対してでも、積極果敢にチャレンジしていかないと、いつまでたっても今の位置から変わらない。

自信過剰になる必要はないが、ここぞというときにチャレンジできるような自信の状態にしておきたい。

「自信」と「謙虚さ」について

自信がある状態というのは、謙虚さを失っていて、傲慢である状態ともとらえられがちだが、実はそうではない。

真の謙虚さ」というのは自分の長所を正当に理解することだという。

イギリスの文学者サミュエル・ジョンソンもつねづね
「自分の力に自信を持っていたからこそ成功できたのだ」
と語っていたという。

アメリカ・MFLの名選手ジョニー・ユナイタスもこう言っていた。

「俺はずっとプロになれると信じてきた。
 自分の才能に自信を持っていたんだ。
 君も自信を持つべきだ。
 自分で持たなけりゃ、誰が持つっていうんだ?」


書道家の武田早雲もこう言っている。

「自信があるからやるんじゃない。
やるから自信がつくんだ。」


自分の長所や短所を正当に理解する真の謙虚さを持ちながら、いざという時に行動できる自信の状態が望ましい。
それが自分にとってどういう状態なのか、少し意識をしていきたい。

まとめ

自分を正当に理解し、自信を持つこと。


posted by Lifehacker K at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 自信のなさが、自分の進歩発展の大きな障害になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2011年01月17日

この「たった1つの意識」で、自信がつき軸もブレなくなる。

普段の行動で、何を心掛ければいいかについて、
最近私が思っていること。

それは、シンプルに、
「自分のことが好きになることをする」
ということ。

「先延ばしにしない」、「前向きに考える」、「人の5倍考える」などと
日常で意識したいことは山ほどある。

でも、1つ1つをずっと意識し続けることは難しい。
意識しようとしてたのに、意識しておかないといけなかったタイミングで、
意識してなかったりとなかなかうまくいかない。

そこで、最近やっているのは、
意識し続けるものを
「自分のことが好きになることをする」
1つだけに絞るということだ。

何かをするときに、そのキーフレーズに戻れば、
たいがいが自分が意識しようとしていたことにたどりつく。

また、「自分が好きになること」をし続けることによって、
自分の「信頼残高」も増えていく。

自分に対して約束したことを、自分がきちんと行動できている。
そんな自分をだんだん好きになってくる。

そうすることによって、
・自信がつく
・行動指針が明確になる
・軸がブレない
・毎日が楽しくなる
がもっと加速していくことになる。

この”シンプルだけど、強力な”
「自分のことが好きになることをする」
をこれからも継続していきたいと思う。

title_orange4.gifまとめ
何か行動するときは、その行動をとることで「自分のことが好きになるか」を1度自問してみよう。


posted by Lifehacker K at 14:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - この「たった1つの意識」で、自信がつき軸もブレなくなる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月20日

「答えのない問い」に自信を持つために

今、自分の中のテーマとしていることは「自信を持つ」ということです。

ビジネスをする中で、「答えのない問い」は非常に多い。
そのような答えが1つではないような状況では、なかなか自分が出した答えに自信を持つことは難しい。

でも、そのような状況下でも自信を持っている人は多い。
では、その人たちに共通するところは何なのでしょうか?

私は「考え尽くす力」だと思っています。

私自身、答えが複数ある中で自信を持てたときというのは、共通して「考え尽くした時」でした。
たくさん答えの可能性はあるけど、自分の中で思いつくすべての方向から考えた。この答えが「現時点でのベスト」だ。
そう思えたから、その時に自信が持てたのだと思います。

なので、毎日を自信を持って生きるために、現在私は「考え尽くす」ということを常に意識し、習慣化することをテーマにしています。

自信を持つためには、おそらくこの方法が今の自分にとって最もよい方法だと思っていますが、実施をしていく中で他にもっとよい方法が見つかったら、このブログで報告しようと思っています。

title_orange4.gifまとめ
自信を持つために、考え尽くしてみよう!
posted by Lifehacker K at 12:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 「答えのない問い」に自信を持つために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年05月28日

「謙虚さ」という土台の上に乗せる「自信」というもの

自信がつくと、やっぱり気持ちが前向きになりますよね。

もちろん謙虚さもある程度大切ですが、謙虚すぎる状態よりもやっぱり少し自信がある方がいいと思うんですよね。

ある程度自信がある状態の方が、人間的にも活き活きしてくるし、いろんなことに前向きにチャレンジできるようになるということは、いろんな本を読んでもそう書いてあるし、自分の過去の人生を振り返ってもそう思うのです。

仕事でも、ある程度自信のある状態になっていると、「この仕事もやらせてください」と言いたくなって、新しい仕事にもチャレンジできるようになる。

プライベートでも、ある程度自信のある状態の方が、「今度はこんなこともやってみよう」と新しい趣味や勉強などにもチャレンジできるようになる。

過去の経験からもそうだったなぁと思います。


自信をつけることで、自分の可能性を広げることができる。
そして何より、自分の気持ちの安らぎを得ることができる。
そのように私は感じています。

謙虚な心や姿勢はベースの部分として忘れないようにしつつも、その上に乗っかる部分で「自信」をキチンとつけ、どんどん新しいことにチャレンジできるとすばらしいなぁと思います。

まとめ


1.「自信」が持つパワーをたまには意識してみる。
2.ベースとしての「謙虚さ」はきちんと持つ。
3.その上で、少し自信をつける行動をしてみる。
posted by Lifehacker K at 06:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 「謙虚さ」という土台の上に乗せる「自信」というもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年04月17日

自分の能力を信じることから、すべてが始まる。

天才への第一歩は「自分には学びたいことを、すばやく学ぶための能力がある」と信じることから。

「自分には限りない能力がある」ということを信じていていけば、何でも実現することができる。
posted by Lifehacker K at 06:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 自分の能力を信じることから、すべてが始まる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年04月16日

生まれつきできることなんて、ほとんどない。

生まれつきできることなんて、ほとんどない。
ほとんどのことが失敗を重ねながら身につけるもの。

自転車だってそう。
だれでも最初は補助輪なしではこげなかったはず。
でも練習するうちに何も意識しなくてもこげるようになっている。
今となってはごくごく当たり前で、こげなかった時のことなんて忘れてしまっている。努力したことなんて忘れてしまっている。

世の中、そんなものだ。

できる人を見たら、いいなと羨望のまなざしを持っているだけで、その人がどれだけ努力したかなどを汲み取る努力をしていない。追いつく努力をしていない。
そんなケースが多い気がする。

「何でも努力すればできるようになる」ことを思い出して、自転車もそうであったことを思い出して、今一度トライしてみよう。
posted by Lifehacker K at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 生まれつきできることなんて、ほとんどない。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年04月15日

自分の持っているものに目を向けよう。

「誰もが優れた能力を持っている」ということを忘れないこと。

勝手に自分はできないと考えていないだろうか。
よく考えてみよう。
結果だけで比較するから、違いがあるようにみえるだけだ。
違いはやったかやらなかったか、努力したか努力しなかったかによって、決まるものなのである。
能力は実はあまり変わらないのだ。

持っているものは忘れやすいもの。
隣の芝生は青く見えるもの。

自分の持っているものに今一度目を向けよう。
そして、自分の能力を信じよう。
そこから、すべてが始まる。
posted by Lifehacker K at 06:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 自分の持っているものに目を向けよう。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年05月13日

自信をつける3つのコツ

自信を持つことは人生において非常に大切なことである。

そこで、まず自信に関連して、自信がない人の特徴を挙げてみる。

<自信がない人の特徴>
・他人からの評価を気にしている。
・絶えず他人から他人と比較されて見られていると勘違いしている
・自分以上のものを見せようとしている。
・自分に弱点があったら人から好かれないと勘違いしている。
・あるべき姿しか好きにならない。

このように自信のない人の特徴を挙げてみると、自信のない人はいろいろな勘違いをしていることに気がつく。

他人は特に自分のことを他の人と比較してなんか見たりしていないし、その人に弱点があったからといって、その人のことを嫌いになったりしない。

むしろ、背伸びせずありのままの姿でいる人、自分のことを素直に表現できる人、弱点を笑い飛ばしてそのことを人に話をする人の方が好かれるのである。

また、あるべき姿しか好きにならないことは、非常に毎日が窮屈である。
自分が想像している姿を達成しなければ満足することはない。それにきっとその目標にたどり着いたとしても、きっと別の目標が出てきて、その時はまた満足できない。つまり、満足する日はなかなかこないのだ。

それよりも、あるべき姿よりもありのままの姿を好きになって毎日を満足して過ごす方が方が絶対幸せだと思いませんか?
ただ、ありのままの姿を好きになってこのままでいいやと、成長することを辞めるのもよくないので、「いまの自分が好きだ。でも、もっと成長してみよう。もっと楽しく、そしてもっと自分のことがすきになるかもしれない」というアプローチがベストだと私は思うのである。


そして、自信を持つためにはどうしたらよいかを、まとめてみよう。大きく以下の3つにまとめられるのではないかと考えている。

■自信を持つための3つのコツ

(1)ありのままでいること
−弱点を隠さない
−自分を素直に表現をする
−自己主張をする
−他人と比較しない

(2)できることをすること
−持っているものを意識して、持っているものに自信を持つこと
−できないことを追い求めず、できることをすること。

(3)結果主義ではなく、過程主義であること
−あるべき姿より、ありのままの姿を好きになること。
−目標が達成できないと楽しめないような考え方はせず、
今を楽しみ、そして成長する過程を楽しむようにすること


さあ、自信をつけたい人は、これらのことを心がけ、実践して自信をつけてさらに人生をよりよく生きてみませんか?


■参考にした図書:
(1)
(2)「いまの自分」に自信がつく生き方(著者:加藤諦三)
posted by Lifehacker K at 17:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 自信の持ち方 はてなブックマーク - 自信をつける3つのコツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。